ネット予約
ネイル情報
スタッフ募集

ジェルネイルアートのデザインの種類 03

ジェルネイルアートのデザインの種類 03

ジェルネイルアートのデザインには、たくさんの種類があります。

今回は、基本中の基本!ワンカラーネイルのご説明です。

ワンカラー

ワンカラーとは、ネイルデザインの中でも最もベーシックなデザインです。お好きな色1色での、ベタ塗りのデザインを指します。

地爪全体をカラーで覆うので、爪の色や形のムラがなくなり、非常に均一な、整えられたネイルに仕上がります。
馴染みの良いカラーでしたらあまり目立ちませんが、お爪が伸びたときに、新しく生えてきた爪の部分と、以前乗せたカラーの部分とに隙間が出来てしまうため、濃いカラーで根元から塗ると、その隙間が目立ちやすいです。
その為、長く持たせたい、なかなかサロンに来る時間が取れない、やっぱり根元が気になる!という方は、クリアベースのデザイン(例えば、以前の記事にも載せたフレンチやグラデ)をされるお客様が多いです。

ネイルが出始めの頃は、「爪をきれいに魅せる」がネイルアートに求められてきたことですが、ネイル需要もだんだんと増えてきており、今ではファッションの一部へと、皆さんの関心が変化しました。
勿論、爪をきれいに魅せるというのは大前提にありますが、最近ではネイルアートとして、アートを楽しむ方が急増しました。

海外では、ワンカラーネイルが主流ですが、日本では、ワンカラーベースにアートを楽しむ方が多いです。
ブランドの新作をサンプリングしたり、好きなキャラクターや、漫画の主人公を描いたり、絵画や芸術作品を描いてみたりと、日本人の器用な手先を活かしたアートが多く、これらを求め、海外から沢山の人々が、時には海外アーティストやハリウッドスターなども、日本のネイルサロンを訪れるほどです。

ワンカラーは、単色でも、アートの土台としても無限の魅力を引き出せるネイルデザインです。

 
 
 

▲このページの上へ

© 2010. ネイルサロン/東京 Nailash Salon Eyetoo. All Rights Reserved.