ネット予約
ネイル情報
スタッフ募集

実は足の爪切りは身体の負担に!

実は足の爪きりは身体の負担に!

靴に当たったり、物にぶつけてかけてしまったり、ふと見た時に足の爪が伸びていると爪きりを使っている方も多いと思いますが、「切る」と「削る」とでは、身体に与える負荷が変わってくるのです。

負荷とは、筋肉の硬直や骨格のゆがみ。結果、身体のゆがみに繋がる恐れもあります。
また、切りすぎにも注意です。
適当に切ってしまうと巻き爪や、いくつもの毛細血管が集まっているので外傷や細菌の感染に敏感、場合によっては「化膿性爪囲炎」と言う病気になる危険があります。
こちらを回避するには、やはり【足の爪は削る】が正解です。

足の爪は削る!

爪は何層にも分かれているのでパチンッと切った時に層の断面がひび割れてしまいます。
やすりの種類も今は沢山あります。
紙で出来ている物、鉄で出来ている物。
中でも一番、目の細かいやすりを使う事をお勧めします。
ゴシゴシ強く圧をかけすぎず一方方向に向かって削りましょう。
強くゴシゴシしてしまうと二枚爪の原因になります。

最後の仕上げに、スポンジで出来ているファイルを使い滑らかにしていきます。削りっぱなしですと、ストッキングなどが引っかかってしまいます。

※個人差はありますが、2〜3週間目安に切るのが丁度いいとされています。

 
 
 

▲このページの上へ

© 2010. ネイルサロン/東京 Nailash Salon Eyetoo. All Rights Reserved.