ネット予約
ネイル情報
スタッフ募集

甘皮ケアが大切な理由

甘皮ケアが大切な理由

本来甘皮とは、爪を作る根本の部分を守る必要なところです。
しかしながら、その甘皮の副産物としてルースキューティクルという甘皮が角質化した薄い皮が、爪にへばりついているんです。

このルースキューティクルがとても、要らないのです。

ルースキューティクル

ルースキューティクルが、爪にへばりつき、爪の成長を邪魔したり、爪の成長とともに引っ張られ、乾燥してそこが裂けて、ささくれの原因になったり、お手入れに必須のキューティクルオイルの浸透も妨げます。

ルースキューティクルを取り除いてあげると障害なく爪の成長も妨げられることなく、ぐんぐん伸びてキューティクルオイルの浸透も良くなり、爪を作っているところまでスムーズに栄養分を送り届けてくれ、健康な爪が育てられます。

甘皮の処理のメインはルースキューティクルの除去です。

そして、甘皮も人によってすごく伸び切ってる方もいます。
伸びすぎた甘皮は、爪の水分を奪って爪の乾燥の原因にもなります。
そんな場合は必要な甘皮は残して、余分な甘皮は除去します。
そうすると、伸びきってへばりついてる人などは、爪が大きくなったように見えて、かなりすっきりし綺麗になります。

爪が小さいと思っている方でもしっかり甘皮処理することで、実は爪は大きかった、なんてこともあります。

ジェルネイルでも「ケア込」みというサロンも多いですが、ほとんどネイルサロン様でのケアは、ジェルの持ちを良くするために、表面にへばりついたルースキューティクルを剥がすことが、一番の目的であるので簡易的なドライケアが主流です。

ジェル塗布前にウォーターケアをすることで、しっかりと表面にへばりついたルースキューティクルを剥がすことが出来るので、浮きにくくなりジェルの持ちが良くなります。
また定期的にウォーターケアをすることで、しっかりとした健康的な爪になっていきます。

ネイルケアを受けていただくと自分の爪の変わり様にびっくりします。
爪が生まれ変わります。

 
 
 

▲このページの上へ

© 2010. ネイルサロン/東京 Nailash Salon Eyetoo. All Rights Reserved.